税理士に相談する

税理士へ相続に関する相談をするメリットはどこにあるのかと言えば、税理士は、税問題に対してのプロフェッショナルだからです。そして、相続は、税という問題とは決して無関係ではありません。
相続は、相続税という問題も、少なからず関わりを持ちます。

しかし、実際にそう言えば、相続イコール相続税と考えてしまう人たちもいますが、そうではありません。以前、相続税の申告は相続が発生した中でも4%程度だったのです。ほとんどの人たちは、相続と、相続税の問題が直結している訳ではありません。そのような人たちは、税理士でなくても、他の専門家に相談するのも方法として考えてください。

しかし平成27年1月以降に、相続が発生したケースでは1.5~2倍に増えたと言います。相続税を支払いしなければならない人たちが増えて、今後、税理士に相談しようというモチベーションも間違いなく高まるはずです。

相続税を支払う必要も申告も必要ないという人たちが、敢えて、税理士に向きあう必要はないのかもしれません。平成27年1月1日以降、「3,000万円+600万円×法定相続人」となり、大幅に控除が下がることになりました。「3,000万円+600万円×法定相続人」に至らないという人たちは、敢えて、税理士と向きあう必要がないのかもしれません。

しかし、税理士も、良き相続のアドバイザーとして考えることが出来ます。税理士が、相続に対して、無料で相談出来る機会を設けてくれていたとしたら、やっぱり一度、そのような場所で相談してみるのも方法です。

あなたの相続の固定観念には、そもそも大きな根本的間違いがあるかもしれません。そのような問題を、税理士の人たちだって、正しく訂正してくれることが出来ます。今、高齢化社会に向かい、みなさんは、どのような準備をしているでしょうか。相続対策もその一つなのです。