弁護士に依頼

弁護士に相続相談するメリットはどこにあるのでしょうか。弁護士は調停や審判などの裁判所での手続きに強みがあります。相続というシーンにおいて、調停や審判などの裁判所での手続きが必要となるケースがあり、弁護士は、そのような問題に対してのプロフェッショナルなのです。そのとき、弁護士だけしか正式な代理人となることができないのです。

相続人同士もめてしまっているシーンに遭遇したら、税理士ではなくて、やっぱり弁護士に相談するということになります。法定相続分という法律で決められた相続割合でもめることって、相続にはとても多くありますので、決して、弁護士に相談することも意味のないことではありません。

しかし、弁護士に相談することは、一般的には費用が高いと言われていますので、本当に、弁護士でなければならないのかということを良く考える必要があります。

弁護士と似たようなお仕事として、司法書士がいます。司法書士は、不動産の名義変更(相続登記)などをお願いすることが出来ます。50%のケースで不動産を相続するシーンがあり、それを考えると、司法書士に相談するメリットも多くありそうです。例えば不動産を持っている人たちは、いずれは司法書士と関わり合いを持つことになるかもしれません。