信託銀行に相談

不動産を持っている人は、いずれ司法書士と結果、関わり合いを持つことになるかもしれません。そのようなことを考えると、最初から司法書士ということを意識していた方が、何人もの専門家に依頼をして、報酬を支払いしなければならないということもなく、まとめて、相続全般について相談することが出来ます。

相続税の申告が必要ないというケースで、更に、相続人同士で争っていないというケースにおいて、司法書士に依頼すれば、相続の全般に関わり手続きをしてもらうことが出来ます。ただし司法書士の依頼で注意しなければならないのは、相続登記しか専門ではないという事務所があることです。

更に信託銀行に相談というケースはどうでしょうか。時として、信託銀行に相談するというケースもあるようですが、選択肢の中でも、価格が高い方法なので、資産家の方々などが、このような方法を取ったりすることがあるようです。信託銀行と言えば、結構、弁護士、司法書士、税理士と比較をすれば、どこか銀行というネームバリューに安心感があるのかもしれません。しかし、金額的には妥当な方法とは言えないかもしれません。

それでいて、相続の全般の手続きをしてくれるという訳ではなくて、書類の取得は相続人に動いてもらうことが多いと言います。相続人が持ってきた資料を元に財産目録を作成してくれたりしますが、それ以降、司法書士、税理士に依頼しなければならないシーンがおこる可能性もあります。

当然、そのとき別途費用もかかってしまうことになります。そのようなことを考えると、なぜ、信託銀行の選択をしてしまったのか疑問です。信託銀行とは、ひょっとしたら、相続相談に一番不向きな場所なのかもしれません。しかし、相続のことが全然判らないという人たちには、しっかりこのような場所でもアドバイスをしてくれます。