税理士に相談する

税理士へ相続に関する相談をするメリットはどこにあるのかと言えば、税理士は、税問題に対してのプロフェッショナルだからです。そして、相続は、税という問題とは決して無関係ではありません。
相続は、相続税という問題も、少なからず関わりを持ちます。

しかし、実際にそう言えば、相続イコール相続税と考えてしまう人たちもいますが、そうではありません。以前、相続税の申告は相続が発生した中でも4%程度だったのです。ほとんどの人たちは、相続と、相続税の問題が直結している訳ではありません。そのような人たちは、税理士でなくても、他の専門家に相談するのも方法として考えてください。

しかし平成27年1月以降に、相続が発生したケースでは1.5~2倍に増えたと言います。相続税を支払いしなければならない人たちが増えて、今後、税理士に相談しようというモチベーションも間違いなく高まるはずです。

相続税を支払う必要も申告も必要ないという人たちが、敢えて、税理士に向きあう必要はないのかもしれません。平成27年1月1日以降、「3,000万円+600万円×法定相続人」となり、大幅に控除が下がることになりました。「3,000万円+600万円×法定相続人」に至らないという人たちは、敢えて、税理士と向きあう必要がないのかもしれません。

しかし、税理士も、良き相続のアドバイザーとして考えることが出来ます。税理士が、相続に対して、無料で相談出来る機会を設けてくれていたとしたら、やっぱり一度、そのような場所で相談してみるのも方法です。

あなたの相続の固定観念には、そもそも大きな根本的間違いがあるかもしれません。そのような問題を、税理士の人たちだって、正しく訂正してくれることが出来ます。今、高齢化社会に向かい、みなさんは、どのような準備をしているでしょうか。相続対策もその一つなのです。

信託銀行に相談

不動産を持っている人は、いずれ司法書士と結果、関わり合いを持つことになるかもしれません。そのようなことを考えると、最初から司法書士ということを意識していた方が、何人もの専門家に依頼をして、報酬を支払いしなければならないということもなく、まとめて、相続全般について相談することが出来ます。

相続税の申告が必要ないというケースで、更に、相続人同士で争っていないというケースにおいて、司法書士に依頼すれば、相続の全般に関わり手続きをしてもらうことが出来ます。ただし司法書士の依頼で注意しなければならないのは、相続登記しか専門ではないという事務所があることです。

更に信託銀行に相談というケースはどうでしょうか。時として、信託銀行に相談するというケースもあるようですが、選択肢の中でも、価格が高い方法なので、資産家の方々などが、このような方法を取ったりすることがあるようです。信託銀行と言えば、結構、弁護士、司法書士、税理士と比較をすれば、どこか銀行というネームバリューに安心感があるのかもしれません。しかし、金額的には妥当な方法とは言えないかもしれません。

それでいて、相続の全般の手続きをしてくれるという訳ではなくて、書類の取得は相続人に動いてもらうことが多いと言います。相続人が持ってきた資料を元に財産目録を作成してくれたりしますが、それ以降、司法書士、税理士に依頼しなければならないシーンがおこる可能性もあります。

当然、そのとき別途費用もかかってしまうことになります。そのようなことを考えると、なぜ、信託銀行の選択をしてしまったのか疑問です。信託銀行とは、ひょっとしたら、相続相談に一番不向きな場所なのかもしれません。しかし、相続のことが全然判らないという人たちには、しっかりこのような場所でもアドバイスをしてくれます。

弁護士に依頼

弁護士に相続相談するメリットはどこにあるのでしょうか。弁護士は調停や審判などの裁判所での手続きに強みがあります。相続というシーンにおいて、調停や審判などの裁判所での手続きが必要となるケースがあり、弁護士は、そのような問題に対してのプロフェッショナルなのです。そのとき、弁護士だけしか正式な代理人となることができないのです。

相続人同士もめてしまっているシーンに遭遇したら、税理士ではなくて、やっぱり弁護士に相談するということになります。法定相続分という法律で決められた相続割合でもめることって、相続にはとても多くありますので、決して、弁護士に相談することも意味のないことではありません。

しかし、弁護士に相談することは、一般的には費用が高いと言われていますので、本当に、弁護士でなければならないのかということを良く考える必要があります。

弁護士と似たようなお仕事として、司法書士がいます。司法書士は、不動産の名義変更(相続登記)などをお願いすることが出来ます。50%のケースで不動産を相続するシーンがあり、それを考えると、司法書士に相談するメリットも多くありそうです。例えば不動産を持っている人たちは、いずれは司法書士と関わり合いを持つことになるかもしれません。

相続相談誰に?

相続相談ってやっぱり必要ではないでしょうか。相続としっかり向きあえば、自分一人で出来ないことはないとも考えるかもしれません。しかし、かなり相続の問題って、複雑なのです。

かなり時間がかかり、実際に、家族の方が亡くなって、切羽詰まったときに、真剣に相続の問題と向きあうことが出来るでしょうか。故人のために葬式のことも考える必要があり、故人をなくして、悲しみに暮れて、相続の問題どころではないというケースもあります。兎に角、頭の中がパニック状態で混乱に陥っているかもしれません。

だからこそ、そのようなシーンにおいて、専門家に相談する意味はとても大きいはずです。相続の問題は、頻繁にあることではありません。しかし、どの家庭にも、少なからず起こることであり、起こる時は突然です。ですから、あらかじめ、時間の余裕がある時に、相続とは何かということを考える・勉強する時間を設けるようにしたいものです。

専門家に相談するとき、無料相談もありますので、そのようなところで、一度相談してみてはいかがでしょうか。相続について相談するとき、税理士に相談する方法や、弁護士に相談する方法、更に、司法書士に相談すること、更に信託銀行に相談する方法などがあります。まず、みなさんは、誰に相談すればいいかということで頭を悩ませてしまうでしょう。

まず、多くの人たちは、弁護士に相談することを一番最初に思いつくのかもしれませんが。更に続けます。